step1資金計画を立てる

住まいのご購入は、人生の中でとても大きな買い物かつ大切な事柄です。
借入額や自己資金を把握して、しっかり計画を立てましょう。
また自己資金には、物件の価格以外にかかる諸費用も含めて考えてください。
目安としては、およそ6~8%前後です。

諸費用となるもの

印紙税
登記費用
固定資産税
都市計画税
不動産取得税
登録免許税
火災保険料
ローン事務手数料
仲介手数料
引っ越等の費用

step2物件を探す・ご相談

まずは、ご購入するにあたって条件を整理しましょう。
予算、間取り、設備、住む場所、物件種別…
現在のお住まいでご不満がございましたら、その点についても整理しておくと良いでしょう。
また自己資金はいくら用意できるのか、住宅ローンはいくら組むのかといった点も大切となってきます。
条件が整理できたら、実際に物件を探してみましょう。
「なかなか整理ができない・・・」「何を優先したら良いのかわからない」
そんなときはぜひ不動産会社にご相談ください。
より快適な生活を送れるようにアドバイスいたします。

step3物件見学

情報収集した中で、気に入った物件が見つかったらどんどん見に行きましょう。
実際に見に行くことで、日照の具合や収納スペースの広さ、水廻りなど物件の雰囲気を直接体感することができます。
また、駅までのルートや、スーパー、病院など周辺環境の確認もすることができます。
もし見学した時に、なにか要望があった時はその時に伝えましょう。
それを改善した違う物件をまたご紹介いたします。

step4不動産売買契約

購入を決めましたら、購入申込書を記入し提出していただきます。
これを受けて具体的な価格や条件の交渉をし、売主・買主ともに納得いただいた上で、契約を進めていきます。
申し込み完了後、代金の支払いや引渡日の確認を行います。
その後、「重要事項説明書」の説明をし、不動産売買契約書を用いて契約を行います。

step5住宅ローン契約

住宅ローンを利用される方は、売買契約後に金融機関に借入の申し込みを行います。
金融機関はお客様自身で自由に選ぶことができます。
またローンには様々な商品はございますので、ぜひご相談ください。

step6残代金の支払いと鍵の引き渡し

入居後のトラブルを避けるために、売主・買主双方で物件の状況確認を行います。
備品や設備、隣地境界線の確認等があります。
その後、残代金の支払いをし、鍵を受け取り、すべて完了となります。
残代金支払い時には、残代金のほかに、仲介手数料の残額分や登記費用等が必要になります。
その日に引き渡しが行えるように、必要なものは事前に確認しておきましょう。